スロートレーニングで、基礎代謝アップ!!

基礎代謝が上がれば、普段の生活でのエネルギー消費を大きくする事が出来ます!

ガゾリンをガンガン使ってくれる車のようになれます。エネルギー消費が激しくなる分、痩せるためには効果的な方法といえます。

スロートレーニングとは?

スロートレーニングとはウエイトトレーニングの一種で、ゆっくりとした動作で筋肉に負荷をかける内容です。

例えば5kgのダンベルを2秒で上げ、10秒掛けながらゆっくり下ろすなどの動作です。

速い動作で重いものを持ち上げようとすると、全身の反動を使ってしまうことが多いのですが、スロートレーニングでは鍛錬しようとする部位にじっくりと集中して負荷をかけ、その部位により確実に効かせようとする狙いがあります。

筋肉には「速筋」と「遅筋」があります。速筋は瞬間的に素早く体を動かすための筋肉で、鍛えると大きくなります。遅筋は普段の生活動作や有酸素運動で使用する筋肉で、エネルギーを消費するには効率的です。

スロートレーニングは最初に遅筋を動かし、その後に速筋に負荷を掛ける動作になっています。つまりは、この動作によりすべての筋肉をバランスよく鍛えることができます。素早い動作のウエイトでは速筋のみが鍛えられるが他の筋肉の鍛錬が十分になされないため動作が逆に鈍くなることがあります。

スロートレーニングの一回ずつの動作は時間をかけながら行うが、素早い動作でのウエイトほどの回数をこなす必要はありません。また、遅筋の鍛錬は基礎代謝率を上げ、体脂肪の燃焼に非常に効果的であるため、引き締まった身体を造るのに適しております。

筋トレが苦手、運動が得意でない人にも出来る!

スロートレーニングは軽い負荷の運動で動きも簡単なので、「筋トレが苦手」、「運動が得意でない」という方でも無理なく継続できます。
成長ホルモンの分泌から「筋肉」や「骨」を丈夫にして、新陳代謝も良くなり、身体の中から改善していけるトレーニングともいわれます。

また、時間を掛けるからこそ、関節を痛めにくく、血圧も上がりにくい運動で身体に負担が少ない事から、幅広い年齢の方に行っていただけますが、ケガ、病気の具合にもよりますので、先ずは専門家の方へご相談されるのが最善と言えます。

スロートレーニングのご紹介をさせていただきましたが、いかがでしたか!
場所を選ばず、どこでも行えるトレーニングです。ダンベルなどを使う内容もあり、負荷を自分のレベルに合った内容で始められます。スロートレーニングで身体を鍛え、筋肉の量を増して基礎代謝を上げ、太りにくい体に変えましょう!!