ドローインの方法とダイエット効果とは?

2015年3月5日

ドローインというダイエット用語をご存知でしょうか?

DRAW IN = ひっこめる、息を吸う

つまり、息を吸いお腹を引っ込める運動の事をさします。

ドローインは道具も使わず気軽に始めることができる

ダイエットなので、お勧めのダイエットです。
では、具体的な方法などについてまとめてみましょう。

ドローインをダイエットに取り入れてみよう!その方法とは?

Dieting results

ドローインをする時には、立った状態でも、仰向けの状態でも可能です。
仰向けの時は、足を腰の幅に広げて膝を曲げてやります。

自分でやりやすい方法で行えます。

では、立った状態でも、仰向けの状態でも共通して方法をみていきましょう。


まず背筋を伸ばしましょう。
背中がまっすぐになるイメージです。

背筋を伸ばすと胸を張った状態になりますから、
この状態で大きく息を吸いこんでいきます。

息を吸っても、お腹は膨らませないようにしてください。
吸った息は、お腹を膨らませず、胸に溜めこむ感じです。


次に吸った息をゆっくりと吐き出します。
ここでも、お腹はひっこめたままです。

そして、同時に肛門をキュッと締めるイメージ
力をいれてください。


さらにお腹を引っ込ませたまま、浅く長めに呼吸をしてください。
お腹を引っ込ませている時間は15秒ほどが理想です。

徐々に時間を長めます。15秒⇒30秒⇒40秒・・・
といった具合に長くしてみて下さい。

このようなエクササイズをすることで期待できる効果は、
腹横筋が鍛えられることです。

丹田を意識しながらするのがコツ

ただ息を吐いていけばいいのではありません。

お腹の中心にある「丹田」という位置に
意識を集中しましょう。

お腹の画像

 

この丹田おへその5~9cm下にあるところですが、
そこを意識することでより大きな効果を得られるので
頑張ってみて下さい。

意識する時は、丹田に腹圧をかけながら
お腹を引っ込める感じが理想です。

どんなスタイルでも可能なドローイン

あぐら姿勢の画像

寝たり立ったりしなくてもできるのです。
椅子に座っても、あぐらの状態でも可能です。
椅子に座った時でも「丹田」への意識は忘れずに!

ドローインは、どういった効果があるの?

url

このように息を吸っているのに、お腹を引っ込めたエクササイズの
ドローインですが、効果としてはどのような事が期待できるのでしょうか?

まず、腹横筋が鍛えられます
お腹を引っ込める時に、インナーマッスルの腹横筋を使うのです。

この筋肉は、ウエストの周囲が「くびれる」時に作用する筋肉です。
腹横筋が鍛えられるのでウエストが細くなっていく効果があるのです。

 

そして、腹横筋が強くなることで期待できる効果は、
体幹が安定することです。

体の主軸ともなっているので、体幹を鍛えることは
体を安定させるのに重要な役割を果たしています。

体幹が鍛えられると、姿勢がよくなりますし、
内臓の位置が正しくなるというメリットがあります。

アスリートに注目されている体幹ですが、
通常の人にとっても体幹の安定は重要な事です。

体幹が安定していることで、腰への負荷が減りますから
ウエストが引き締まる事も期待できますが、
腰痛になりにくくなります

 

また、腹式呼吸とは違って、ドローインによる胸式呼吸では、
交感神経が活発になります