ファスティングって体に良いと思ってやっているのに、頭痛がしたり、めまいがしたり、便秘になったり。これって失敗なの?と思ってしまうかもしれません。

しかし、それはファスティングの好転反応といって、体にとって良いことが起きているサインなのです。この好転反応の正しい知識を持ってファスティングを行うことで、対処法も分かり、精神的な不安も軽減して成功率が上がります。では、好転反応についてお伝えしていきます。

好転反応はデトックスのサイン

f72b3c57651b6173878489a6a01c54ef_s

ファスティングをしているときに、頭痛やめまい、肌荒れや下痢などが起こることがあります。このような症状を「好転反応」といいます。

好転反応と聞くと良さそうなイメージですが、文字通り「体にとって良いこと」なのです。

好転反応とは、体が良い状態に戻るときに体に起こる反応のことで、英語では「クレンジング・リアクション」と言われ、「浄化作用」という意味があります。

ファスティングを行うと、ほぼ確実にこの好転反応が起こりますが、これは体のデトックスが進んでいるときに起こるものなので、心配する必要はありません。むしろ喜んで良いでしょう。

好転反応はなぜ起こるのか

a7be18106c08e5f7038208d0796b54da

体のデトックスが進むと、カラダに溜まった「毒素」が身体からはがれていきます。そしてその毒素が血液やリンパに乗って排出されていくことで浄化されていき、本来の内臓の機能を取り戻します。

しかし、排出される途中は血液などに毒素が巡っているため、一時的に体に悪い物質が溜まり、体が反応を起こしてしまいます。このようなメカニズムで好転反応が起こります。

簡単にまとめてみると

  1. デトックスが始まり、体から毒素がはがれる
  2. はがれた毒素が排出されるために体内を巡る
  3. 毒素が排出されるまで、体に不調が起こる

ということになります。

ファスティングの好転反応は決して失敗ではありません。というよりは、好転反応が出ないと効果がそれだけ少ないと考えられます。

好転反応が出やすい人と出にくい人

a3e6f27ef69386b777e5c657dc179af9_s

ファスティングの好転反応は、大なり小なり必ず起こります。しかし、好転反応がむちゃくちゃ辛いという人もいれば、ほとんど無いという人もいます。なぜでしょうか?

「体に溜まっている毒素がどれだけあるか」ということが大きく影響しています。つまり、ファスティングをする前の生活によって変わってくるということです。

  • 不摂生をしている人
  • 体力が低下している人
  • 肉や脂っこい食品が好きな人
  • 加工食品ばかり食べている人
  • 肥満状態の人
  • 初めて断食をする人

これらにたくさん当てはまる場合はそれだけ好転反応が強く出ます。逆に、普段から規則正しく健康的な生活を過ごしている場合は好転反応はそれほど強く出ないでしょう。

好転反応はいつでるの?

664a1a41ecb66792e66b7d8c7e831e50_s

好転反応は人によって出るタイミングが異なります。

準備期間が長くきちんとすると、ファスティング1日目~2日目など早めに出ます。準備期間を長く取れば胃腸に残る食べ物が少なくなり、スムーズに体内酵素が働きます。

逆に、準備期間が短いと好転反応が出るのが遅くなります。ファスティング2日目~3日目、もしくは復食期間に好転反応が出ることもあります。

準備期間や、復食期間というのは、ファスティングをする際に非常に重要です。この期間をしっかり過ごせるかによって、効果的なファスティングが出来るかどうか変わってきます。

この「準備期間」と「復食期間」の知識に不安がある場合はまず、下記の記事に目を通しておいてくださいね。

ファスティングとは?5つの嬉しい効果と注意点

 

好転反応で起きる症状は?

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

好転反応は人によって出る症状は異なります。ファスティングをする前に、毒素の溜まっていた場所や量によって変わってくることがあるからです。

では、好転反応の症状と原因について確認していきましょう。

水のような下痢や便秘

体のデトックス機能がはたらくと、消火器系統が刺激され、浄化作用の反応が出てきます。腸壁にへばりついている老廃物や不純物を排出しようとするために、お腹がゆるくなり、水便のような下痢をします。その際、宿便が出て便の色が少し黒っぽくなることがあります。

また、逆に便秘になってしまうこともあります。ファスティングをすると、固形物を食べなくなるので、便は出にくくなることがありますが、便秘の主な原因は次の4つが考えられます。

  • 食物繊維が日頃から不足していた
  • 肉中心で質の良い油が日頃から不足していた
  • 水分の摂取量が日頃から不足していた
  • 腸内の酵素が日頃から不足していた

普段から便秘で悩んでいる女性は上記のような原因が考えられますが、ファスティング中も好転反応と合わさって便秘を引き起こして、痩せないと感じてしまうことがあります。

しかし、断食中もしくは復食期間中にその便を排出することによって、一気にお腹がすっきりして毒素も体重もしっかり追い出すことが出来ます。

ファスティング中に便秘で悩んだ場合は水分をたくさんとること、酵素ドリンクを少し多めに飲んでみることは大切ですが、軽い運動をすることによって腸に刺激を与えることも大切です。

また、ゆっくり複式呼吸するのも、横隔膜が刺激され、内臓がマッサージされて便秘に効果的です。隙間時間を活用して、10回~20回くらい、鼻から吸って口からゆっくり吐きましょう。

頭痛・めまい・ふらつき

頭痛も多くの人に起こる好転反応です。ホルモンバランスが崩れることで、頭痛やめまいなどを引き起こしてしまう場合があります。

また、ファスティング中はほとんど何も口にしないので、血糖値が下がります。低血糖になると、脳の血液量が低下して、頭痛やめまいを引き起こしやすくなります。

また、人によってはファスティングで食べられないことにストレスを感じてしまう人がいます。このストレスによって自律神経が乱れて、頭痛が起こってしまう場合もあります。

眠気・だるい・疲労感

ファスティングを始めると、体内の浄化が始まります。すると、血液中の毒素や老廃物が増加するため、眠気や疲労感が出てきます。

それだけでなく身体は「消化や代謝に力を使いたいから、なるべく思考に体力を使いたくない」というサインであるとも考えられますので、体を気遣ってあげることが大切です。

絶対にこの日は眠気に襲われてはいけないというリスクがあれば、その日を避けて行うようにしたり、土曜日や金曜日に開始して、週末に好転反応が来るように調節してみましょう。

また、ホルモンバランスが崩れていると、好転反応によって一時的にさらに乱れることがあるので、女性の場合はこれが体のだるさなどにつながることがあります。

吹き出物・湿疹・かゆみ・発熱・肌荒れ

体内デトックスが起こると、毒素を出そうとして吹き出物や肌荒れを引き起こす好転反応がおこることがあります。

アトピー性皮膚炎などは顕著に悪化したように見えることがあります。しかし、これは正常にデトックスが行われているサインなので、この段階が終われがたちまち良くなっていきます。

また、好転反応は昔けがをした場所や手術した場所にも現れることがあります。これはその箇所が完全に修復されていなかったことを表していて、細胞が活性化されたときに起こる反応です。

生理が重たい

女性の場合、生理前や生理中は栄養素が不足して、体調を崩してしまう可能性があるので、ファスティングは控えることが前提ですが、ファスティングを終えてからの最初の生理に驚くかもしれません。

デトックス効果が働くことで、養分のない悪い血も一緒に排出することで、通常に2~3倍の量が出ることがあります。これが排出されると、お肌がきれいになり、蘇るでしょう。

 

好転反応を緩和させたいけど、どうすればいい?

530f7ac31bc7d3feb2574fa08b1f3366_s

不安にならず、いつも通りに過ごす

好転反応はファスティングがうまくいっている証拠なので、症状が辛くない場合は普段通りに過ごすようにしましょう。

体にとって良いことが起きているのですから、不安にならずに楽しく行うことが大切です。

体を温める

運動をしたり、重ね着をしたり、温かいものを飲んだりすることで、血行が良くなります。すると、全身に血液が行き渡るため、好転反応の症状を抑えることが出来ます。

また、代謝が良くなることでデトックス効果が高まり、好転反応が終わるのも早くなります。

水分をたくさんとる

水分をたくさんとることで、毒素が排出されやすくなります。すると、好転反応が弱まったり、早く終わらせることが出来るでしょう。

また、水分は体を冷やすのを防止するためにも、出来るだけ常温もしくはお湯を飲むように心がけましょう。

 

まとめ

efad44ddec9eb6a75e5759478f2cc780_s

いかがでしたか?

ファスティング中に頭痛・めまい・便秘などは「好転反応」という体のデトックスが上手くいっているサインです。健康被害ではなく、健康へ向かっているのです。

一時的には肌荒れなど症状が出る場合もありますが、不安になる必要はありません。その段階が終われば、一気にきれいになっていきます。

ファスティングの好転反応をきちんと理解できたなら、成功率もきっと上がります。

おすすめの記事