目指せマドンナ!年齢に負けないプロポーションの秘訣

2015年5月7日

いくつになっても整ったプロポーションをキープしているマドンナ。56歳になった現在も若さを保ち、完璧なスタイルは衰えることがありません。

無駄な贅肉のない美しいスタイルは、どのようにして作られたものでしょうか?

マドンナは、若いころから、様々なエクササイズやダイエットを試してきて、話題になったものがいくつかあります。

今回は、マドンナの完璧なプロポーションの秘訣をご紹介します。

マクロビオティック

makuro-food-std

マドンナはマクロビオティックの食事法を取り入れています。

マクロビオティックとは、動物性の食品を摂らずに、全粒穀物や野菜などを積極的に食べる健康法です

古代中国の陰陽説や、仏教の身土不二の考え方に基づくもの、と書くと難しく感じてしまいますが、伝統的な和食をベースとしているので、日本人にとってなじみ深い食事です。

雑穀や野菜、海藻などを食べ、化学調味料、砂糖、乳製品、肉を食べません。さらに、食材は有機栽培のものを使用します。

2001年から2008年まで、マクロビオティック専門のパーソナルシェフとして雇われていたのは、西邨マユミさんという日本人です。ツアーにも帯同していました。

西邨さんはストイックなマクロビオティックも経験した上で、現代に合わせたフレキシブルなマクロビオティックを提唱しています。頑張りすぎないマクロビオティックなら、続けられる気がしませんか?

エクササイズ

Madonna_20080703010143

ワークアウト中毒と言われるほど、毎日熱心に身体を動かしているマドンナ。一時は筋肉隆々になってしまっていました。ヨガやピラティスの他、多くの種類のエクササイズを行っています。

ワークアウト好きが高じて、世界中に「Hard Candy Fitness」というフィットネスクラブを展開し、エクササイズDVDも発売しました。

ザトレーシーメソッド

p_tm_01

エクササイズDVDといえば、トレーシーアンダーソンさんの「ザトレーシーメソッド」が有名です。トレーシーさん、以前はマドンナのパーソナルトレーナーを務めていました。

ザトレーシーメソッドはダンスの動きに筋トレの要素を加えたものです

普段は使えていない、小さく細かい筋肉を鍛えることで、ムキムキではなく、女性らしい美しい身体を作ることができます。全身の筋肉を引き締めつつ、有酸素運動をするので、基礎代謝を上げながら脂肪を燃焼させられる、効率的なエクササイズです

Barre3

barre-3-590x590

トレーシーさんの後にパーソナルトレーナーを務めた、サディリンカーンさんの「Barre3」もアメリカで人気です。バレエ・ヨガ・ピラティスの要素を組み合わせたエクササイズです。身体を柔らかくしつつ、引き締めます。ヨガの要素が入っているため、筋肉をつけると同時に、心の健康も図れます

心身を安定させて、女性らしいしなやかな身体を作ります。健康のためにも取り入れたいエクササイズです。

まとめ

いかがでしょうか?真似したい美容法はありましたか?

美に対する執念が人一倍強いマドンナは、ポップコーンダイエットやKOMBUCHAという紅茶きのこなど、新しいダイエット法があれば、どんどん試しています。ヨガやピラティスを流行らせたのもマドンナだと言われています。

好奇心とチャレンジ精神が、驚異的な若さを支えているのではないでしょうか?

マクロビオティックやエクササイズを取り入れて、マドンナのように、アンチエイジングな美しいスタイルを維持したいものですね。